すっぱい葡萄

今回はイソップ物語の中から “The Fox and the Grape”(「すっぱい葡萄」)の朗読をしてみたいと思います。お腹を空かせた狐が実った葡萄を見つけますが、取ろうとして何度も一生懸命ジャンプしますが届きません。悔しい狐は「どうせすっぱい葡萄だろ」と負け惜しみを言うというお話しです。まずは、文中に出てくるいくつかの単語の発音を確認しておきます。(発音は General British です)↓

ripe /raɪp/, vine /vaɪn/,
branch /brɑːntʃ/, burst /bɜːst/, gaze /geɪz/,
longingly /ˈlɒŋɪŋli/, bunch /bʌntʃ/, hung /hʌŋ/,
distance /ˈdɪstəns/ ~ /ˈdɪstns/, leap /liːp/,
vain /veɪn/, disgust /dɪsˈgʌst/, sour /saʊə/ ~ /saə/,
worth /ˈwɜːθ/, gape /geɪp/, scornfully /ˈskɔːnfəli/
despise /dɪˈspaɪz/, belittle /biːlɪtl/

それでは全文を朗読してみます。(文章は http://www.gutenberg.org/ にある The Aesop for Children by Aesop からのものです。)↓

A Fox one day spied a beautiful bunch of ripe grapes hanging from a vine trained along the branches of a tree. The grapes seemed ready to burst with juice, and the Fox’s mouth watered as he gazed longingly at them.
The bunch hung from a high branch, and the Fox had to jump for it. The first time he jumped he missed it by a long way. So he walked off a short distance and took a running leap at it, only to fall short once more. Again and again he tried, but in vain.
Now he sat down and looked at the grapes in disgust.
“What a fool I am,” he said. “Here I am wearing myself out to get a bunch of sour grapes that are not worth gaping for.”
And off he walked very, very scornfully.
There are many who pretend to despise and belittle that which is beyond their reach.

Today’s my singing

今回の歌は Joe South によって書かれ1970年にヒットした ‘Walk A Mile In My Shoes’ という曲です。エルビスを含め多くのミュージシャンにカバーされています。

If I could be you, if you could be me
For just one hour, if we could find a way
To get inside each other’s mind

If you could see you through my eyes
Instead of your own ego
I believe you’d be I believe you’d be surprised to see
That you’ve been blind

Walk a mile in my shoes
Just walk a mile in my shoes
Before you abuse, criticize and accuse
Then walk a mile in my shoes

Now if we spend the day
Throwin’ stones at one another
’Cause I will think, ’cause I will think
To wear my hat the same way you do

Well, I may be common people
But I’m your brother
And when you strike out, you’re tryin’ to hurt me
It’s hurtin’ you, Lord have mercy …

 

(*発音矯正を望まれる歌手・俳優、また、英語教師などの英語を使うお仕事をされている方は、ホームページをご覧の上メールにてお気軽にご相談ください。こちらの旧サイトもぜひご覧下さい。)

T-ACT英語発音矯正サービス
Email: s-tanaka@hatsuon-kyosei.com
HP: http://www.hatsuon-kyosei.com

/ə/ の脱落

/-ərə/、/-əri/ という音のつながりの時に、最初の /ə/ がしばしば脱落します。これによって、知っているはずの単語でも実際に発音されると聞き取れないことがよくあります。いくつか単語を例にあげて、/省略しない発音/ ~ /省略した発音/ を実践してみたいと思います。(American の発音が特徴的に異なる単語には American の発音も加えて発音します。)↓

history /ˈhɪstəri/ ~ /ˈhɪstri/,
difference /ˈdɪfərəns/ ~ /ˈdɪfrəns/,
reference /ˈrefərəns/ ~ /ˈrefrəns/,
preference /ˈprefərəns/ ~ /ˈprefrəns/,
favourite /ˈfeɪvərit/ ~ /ˈfeɪvrit/,
library /ˈlaɪbrəri/ ~ /ˈlaɪbri/; ($ /ˈlaɪbreri/),
secretary /ˈsekrətəri/ ~ /ˈsekrətri/; ($ /ˈsekrəteri/),
federal /ˈfedərəl/ ~ /ˈfedrəl/,
considerable /kənˈsɪdərəbl/ ~ /kənˈsɪdrəbl/,
literature /ˈlɪtərətʃə/ ~ /ˈlɪtrətʃə/,
temporary /ˈtempərəri/~/ˈtemprəri/~/ˈtempəri/; ($ /ˈtempəreri/)

次はこれらの単語を含んだセンテンスを使っての発音練習です。(発音は General British です。)↓

Tell me the difference | between permanent workers | and temporary workers. ||
ˈtel mi ðə ˈdɪfrəns | bɪtwiːn ˈpɜːmənənt ˈwɜːkəz | ən ˈtempəri wɜːkəz ||
This is what she remarked | in reference to his preference. ||
ˈðɪs ɪz wɒt ʃi rɪˈmɑːkt | ɪn ˈrefrəns tu ɪz ˈprefrəns ||
• There are considerable numbers of libraries | in that city. ||
ðərə kənˈsɪdrəbl ˈnʌmbəz əv ˈlaɪbriz | ɪn ðæt ˈsɪti ||
• My secretary learned a lot | about my favourite types of clients. ||
maɪ ˈsekrətri lɜːnd ə ˈlɒt | əbaʊt maɪ ˈfeɪvrit taɪps əv ˈkla(ɪ)ənts ||

Today’s my singing

今回は ‘Help Me Make It Through The Night’ という美しいバラードです。

Take the ribbon from my hair,
Shake it loose and let it fall
Lay it soft against my skin
Like the shadows on the wall

Come and lay down by my side
Till the early mornin’ light
All I’m takin’ is your time
Help me make it through the night

I don’t care what’s right or wrong
Let the devil take tomorrow
But tonight I need a friend

Yesterday is dead and gone
And tomorrow’s out of sight
And it’s sad to be alone
Help me make it through the night

I don’t want to be alone
Help me make it through the night

 

(*発音矯正を望まれる歌手・俳優、また、英語教師などの英語を使うお仕事をされている方は、ホームページをご覧の上メールにてお気軽にご相談ください。こちらの旧サイトもぜひご覧下さい。)

T-ACT英語発音矯正サービス
Email: s-tanaka@hatsuon-kyosei.com
HP: http://www.hatsuon-kyosei.com

新しいブログの最初はリズム練習で

昨年新しくこちらでブログを再開したものの、結局1年近く時が流れてしまいました。

本当に久しぶりになりますが、リズム練習をやってみたいと思います。

まずは後のセンテンスに含まれる単語のいくつかを発音してみます。(発音は General British です。)↓

mirror /ˈmɪrə/, future /ˈfjuːtʃə/, question /ˈkwestʃn/,
faintest /ˈfeɪntɪst/, idea /aɪˈdɪə/, fighting /ˈfaɪtɪŋ/,
whatever /wɒtˈevə/, advice /ədˈvaɪs/,
entirely /ɪnˈtaɪəli/~/ɪnˈtaəli/, irrelevant /ɪˈreləvənt/,
well-being /ˌwelˈbiːɪŋ/, suggested /səˈdʒestɪd/,
apply /əˈplaɪ/, project /ˈprɒdʒekt/

それではセンテンスを使ってのリズム練習です。太字の部分は強勢 (stress) をつけて発音する部分で、この部分を他の音節より少しゆったりめに発音すると英語らしいリズムになります。(発音は General British です。)↓

• There are times | when I look in the mirror | and think about my future. ||
ðərə ˈtaɪmz | wen aɪ ˈlʊk ɪn ðə ˈmɪrə | ən ˈθɪŋk əbaʊp maɪ ˈfjuːtʃə ||
This is the question | you can only say yes to. ||
ˈðɪs ɪz ðə ˈkwestʃn | ju kən ˈəʊnli seɪ ˈjes tuː ||
• I didn’t have a faintest idea | who you were faighting for. ||
aɪ ˈdɪdn hæv ə ˈfeɪntɪst aɪˈdɪə | huː ju wə ˈfaɪtɪŋ fɔː ||
• Whatever advice you would give him | is entirely irrelevant | to his wellbeing. ||
wɒtˈevər ədˈvaɪs ju wəd ˈgɪv ɪm | ɪz ɪnˈtaəli ɪˈreləvənt | tu ɪz ˈwelˈbiːɪŋ ||
• She might as well have suggested | that you apply for the project. ||
ʃi ˈmaɪt əz wel əv səˈdʒestɪd | ðətʃu əˈplaɪ fə ðə ˈprɒdʒekt. ||

今回はほんの少しの練習で終わりです。次回の更新からは少しずつ練習を多くしていきたいと思います。

 

(*発音矯正を望まれる歌手・俳優、また、英語教師などの英語を使うお仕事をされている方は、ホームページをご覧の上メールにてお気軽にご相談ください。こちらの旧サイトもぜひご覧下さい。)

T-ACT英語発音矯正サービス
Email: s-tanaka@hatsuon-kyosei.com
HP: http://www.hatsuon-kyosei.com

新しい Blog の開設です!

本年(2017年)より、T-ACT英語発音矯正サービスの Blog が新しくなりました!  昨年までの Blog はもちろんそのまま保存されています。

気分を新たに更新していきたいと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

(*発音矯正を望まれる歌手・俳優、また、英語教師などの英語を使うお仕事をされている方は、ホームページをご覧の上メールにてお気軽にご相談ください。)

T-ACT英語発音矯正サービス
Email: s-tanaka@hatsuon-kyosei.com
HP: http://www.hatsuon-kyosei.com