Assimilation(同化)によって楽な発音を(1)

28th/05/2011

2回にわたって Assimilation(同化)を特集してみたいと思います。Assimilation とは、ある音が、それに隣接する音に似てくるというプロセスで、どのように似るかは言語によって様々です。英語でよく知られている assimilation のタイプは、調音の場所が alveolar の子音(/s,z,t,d,n../)が、すぐ次に続く子音の調音の場所に同化する “regressive dealveolar assimilation” と呼ばれるものと、次の音と合体して別の子音に変化する “coalescent assimilation” と呼ばれるものです。今回は、まず alveolar の摩擦音 /s/ と /z/ の egressive dealveolar assimilation、次に coalescent assimilation を練習してみましょう。発音は RP で行います。

(1) /s/ → /ʃ/; /z/ → /ʒ/
 /s/ および /z/ は、つぎに続く音が /ʃ/、/ʒ/ または /j/ のとき、それぞれ /ʃ/、/ʒ/ に変化することがよくあります。これによって、より楽に発音することができます。ただし、相手に聞き間違えがないように気を使うときには、このような assimilation を避ける傾向もあります。それでは実践してみます。それぞれまず assimilation を起こさない発音をしてから、次に続いて assimilation を起こした発音をしてみます。↓

assimi_s_z.mp3

 “this sheet” /ðɪs ʃiːt/ → /ðɪʃ ʃiːt/
 “these shirts” /ðiːz ʃɜːts/ → /ðiːʒ ʃɜːts/
 “this year” /ðɪs jɪə/ → /ðɪʃ jɪə/
 “those years” /ðəʊz jɪəz/ → /ðəʊʒ jɪəz/

(2) /t/ + /j/ → /tʃ/; /d/ + /j/ → /dʒ/
 /t/ または /d/ の後に /j/ が続くと、2つの音が合体して、それぞれ /tʃ/、/dʒ/ に変化することがよくあります。これを coalexcent assimilation といいます。上と同じように実践してみます。↓

assimi_coalescent.mp3

 “what you…” /wɒt juː/ → /wɒuː/
 “would you…” /wʊd juː/ → /wʊuː/

では、この2つの種類の assimilation をいくつかのセンテンスで練習してみましょう。↓

assimi_sentences_1.mp3

● I want to buy these shirts this year.
 /aɪ ˈwɒnt tə ˈbaɪ ðiːʒ ˈʃɜːts ˈðɪʃ jɪə/
● She says she loves you.
 /ʃiː ˈseʒ ʃi ˈlʌvʒ juː/
● I’ll miss you a lot.
 /aɪl ˈmɪʃ juː ə ˈlɒt/
● God bless you!
 /ˈgɒd ˈbleʃ juː/
● He’s trying to please you.
 /hiːs ˈtraɪɪŋ tə ˈpliːʒ juː/
● Tell me what your brother is like.
 /ˈtel mi wɒɔː ˈbrʌðər ɪz laɪk/
● What would you like to do?
 /ˈwɒt wʊuː laɪk tə ˈduː/

Today’s my singing
今回は “Change Of Habit” という歌を歌って録音してみました。この曲は Elvis 主演の同名の映画(1968年)の主題曲です。Elvis のナンバーとしてはマイナーの部類に入ります。今回練習している coalescent assimilation が繰り返し出てきますので、注意して聴いてみてください。↓

Change Of Habit.mp3

Well if you’re in old habits, set in your old ways
Changes are a-comin’, for these are changing days
And if your head is in the sand while things are goin’ on
What you need, what you need
What you need is a change of habit

Now if you’re in the habit to let your temper fly
When you talk with people who don’t see eye to eye
And if you don’t believe it, there’s a newer world ahead
What you need, what you need
What you need is a change of habit

A change of habit, a change of outlook
A change of heart, you’ll be alright
The halls of darkness, have doors that open
It’s never (too) late to see the light

So if you’re in the habit of putting people down
Just because they’re different from the wrong side of town
Well, don’t count on any medals, son, they’re pinning none on you
What you need, what you need
What you need is a change of habit

(*発音矯正を望まれる歌手・俳優、また、英語教師などの英語を使うお仕事をされている方は、ホームページをご覧の上メールにてお気軽にご相談ください。)

T-ACT英語発音矯正サービス
Email: s-tanaka@hatsuon-kyosei.com
HP: http://www.hatsuon-kyosei.com

2 Responses to “Assimilation(同化)によって楽な発音を(1)”

  1. kengo より:

    ワッチュー(what you)とかニージュー(need you)って聞こえていたのは同化だったんですね!
    勉強になりました!

  2. kotoeri より:

    こんばんは

    いままでなんとなく発音していた部分がはっきりとわかってきました。

    とても役に立ちました。

    ありがとうございます。

この投稿へのコメントの RSS フィード。